就職活動

【ぷらっとこだま】東海道新幹線に割安料金で乗る方法【交通費を減らす】

【ぷらっとこだま】東海道新幹線に割安料金で乗る方法【交通費を減らす】

就活やイベントへの遠征など、節約したい時の長距離移動手段の定番は夜行バスではないでしょうか。

夜行バスにも何度か乗ったことがありますが、長時間座りっぱなしは疲れますし、知らない人が多いところで寝るのって不安もありますよね。

そんな人におすすめしたいのがぷらっとこだまを利用して新幹線に割安料金で乗る方法です。

ぷらっとこだまとは?

JR東海ツアーズが実施している新幹線こだま号限定の事前予約による割引プランです。

JRとは別会社なので新幹線の窓口では購入できません。

JR東海ツアーズの窓口か、Webサイトにて予約購入できます。

ぷらっとこだまの特徴を解説していきます。

料金表

まずは最も重要な料金から見ていきましょう。

今回は、同じく新幹線の事前予約プランであるEX予約との料金比較表を作成しました。

EX予約との比較ポイントについても後述していきます。

上の赤字がぷらっとこだま、下がEX予約のおとな料金です。

ぷらっとこだま/EX予約 料金比較ぷらっとこだま/EX予約 料金比較

繁忙期として定められている期間は割引率が低いので注意して下さい。年内の繁忙期がいつなのかは公式サイトの料金表で確認できます。

距離が長いほど割引率が高くなり、東京から名古屋であれば8,300円、東京から新大阪なら10,500円です。

EX予約でも通常の指定席券より安く利用できますが、それよりも大幅に安くなることがお分かり頂けたかと思います。

ちなみに今回は載せていませんが、学割料金よりもぷらっとこだまの方が安いです。

新大阪以降は?

表を見てお気づきかと思いますが、関西〜九州はプランがありません。

新大阪以降に関しては旅行会社から割安プランが提供されています。割引率が強烈なのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

近畿日本ツーリスト
日本旅行

東海道〜関西以降までまたがるような長距離移動の場合はLCC(格安飛行機)を使うことが多いかと思うので、今回は特に触れません。

距離が近すぎる場合はプランなし

表の中で穴になっていますが、東京・品川から新横浜など距離が近すぎる場合はぷらっとこだまのプランが設定されていません。

ぷらっとこだまは、上記の表の中にある駅でのみ利用できます。

送料について

ネット予約で郵送でチケットを受け取る場合、82円の送料がかかります。そもそも少額ですが、窓口受け取りならかかりません。

EX予約の年会費について

EX予約には年会費1,000円(税抜)がかかります。

乗る回数が年1回など少ない場合は年会費も考慮する必要があります。一緒に乗る人の分も予約できるので、そういった場合であれば年会費の節約になります。

ぷらっとこだまの場合は特に年会費は必要ありません。その都度の購入です。

こだま号限定

名前の通りこだま号でしか使えません。

こだま号は東海道・山陽新幹線でしか運行していません。その中でもぷらっとこだまは東海道限定のプランです。

こだま号の特徴は以下の通りです。

乗車時間が長い

各駅停車のため、東海道新幹線で最も早いのぞみ号と比較すると乗車時間に大きな差があります。

東京から名古屋
のぞみ号約90分
こだま号約170分
東京から新大阪
のぞみ号約150分
こだま号約240分

車内販売が無い

車内でワゴンを押してお弁当などを売りに来てくれるアレがありません。

駅で事前に買っておく必要があります。

ちなみにぷらっとこだまには1ドリンク引換券がついていて、駅の売店でペットボトルなどの飲み物を1本貰えます。

注意点

予約内容の変更不可

EX予約はチケット発行前であれば乗車時間の変更などが可能です。キャンセル料も数百円で済みます。

ぷらっとこだまの場合、変更は一切効きません。

キャンセルも前日で40%、当日で50%、列車が出発してしまった後、つまり乗り遅れた場合は1円も戻ってきません

ぷらっとこだまは、予定が確定している時に使うのに向いていると言えます。

また、当日遅刻しないように早めに駅に行くのが安全です。

天神いな
天神いな
ここを入念に書くのは、僕が過去に遅刻してお金を無駄にしてしまったからです(泣)

途中降車不可

先述したように、料金表に載っている

  • 東京・品川
  • 新横浜
  • 静岡
  • 浜松
  • 名古屋
  • 京都
  • 新大阪

上記の駅でしか、乗り降りすることが出来ません。

例えば東京・品川から静岡でチケットを発行して、小田原や熱海で下車するといったことも出来ません。

予約が埋まるのが早い

ぷらっとこだまはその料金の安さから人気の商品です。

時間帯によっては3週間ほど前でも埋まってしまいます。

1ヶ月前から予約を開始しているので、予定が確定したら早めに申し込みましょう。

グリーン車プランなら直前まで空いていることが多いですが、料金は東京→名古屋で+1,000円、東京→新大阪で+1500円など高くなってしまいます。快適さはもちろん上がりますが、料金重視なら早めに予約した方がいいですね。

まとめ

もし夜行バスで移動して疲れがうまく取れていなかったら

  • 採用試験で集中できなかった…
  • せっかくイベントに行ったのに思う存分楽しめなかった…

こんな事になってしまうかもしれません。これでは勿体ないですね。

夜行バスほど安く利用できるわけではありませんが、ぷらっとこだまを移動手段として検討してみてはどうでしょうか!